「らんま1/2」3都市でコラボカフェ開催


高橋留美子「らんま1/2」の連載30周年を記念したコラボカフェが、11月から2018年1月にかけて大阪・心斎橋、愛知・名古屋、東京・池袋の3都市にて順次オープンする。

カフェでは限定のレンゲ付き「召しませ!猫飯店の五目ラーメン」などのフードが登場するほか、「猫飯店の五目ラーメン限定 食前VRトッピング」では、単行本7巻に収録された「ゴールを目指せ」をVRで体験し、シャンプーが出前をしてくれるようにメニューを楽しめる。そのほかにも綿菓子でできたパンダ姿の玄馬をやかんに入ったほうじ茶で溶かすと、和風の甘味が楽しめる「早乙女玄馬の和風甘味プレート」や、Pちゃんを模したパンケーキなどデザートも充実。さらにピンクとブルーの色合いがキュートな「シャンプーの大歓喜スムージー」や、たっぷりのフルーツが詰まった「無限の闘気!珍魚鉢ドリンク」などのドリンクメニューも用意された。

また限定のオリジナルグッズを含む物販コーナーも登場。なると型の「ガチャガチャアクリルキーホルダー」や、各会場限定100個にて「うっちゃんのヘラ」が用意されるほか、「らんま1/2」とナタリーストアのコラボによるクリアファイルセット、ピンズ、パーカーとロングTシャツも販売される。なおカフェを利用した人には限定のペーパーランチョンマット、ドリンクを1杯注文した人には全10種のなると型コースターをランダムで1枚進呈。

ソースはこちらから

◆なぜ、今頃?って思ったら30周年なのか。
25年前ならすごい人気だったろうに。
CoCoとか知ってる?


7 Comments

  1. 高橋留美子の作品は色褪せないよね
    魅力的なキャラと奇想天外な話とテンポの良さでいつ読んでも面白いんだよな

  2. ちょっと前に親戚の家に揃ってたから読んだけど、今読むと面白くないんだよなぁ
    当時は毎週読んでたんだけど

  3. これだけ方向性が違う話をガンガン書きながらも、どの作品にも「これが一番好き!」ってファンがいるって凄いよね。彼女の作品では俺は犬夜叉が一番かな。
    どれが好きって話になると、大体の場合答えがバラけて話の種としても面白い。一発屋が多い中、これだけヒット飛ばせるのって本当バケモノだと思う。

  4. 高橋留美子は本当に偉大だと思う。
    ラブコメというジャンルの創始者ではないけれども、手法を完成させて、メジャージャンルに押し上げたのは、もっと評価されてもいいと思う。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)