「シン・ゴジラ」地上波初放送は15・2%


12日にテレビ朝日系で放送された昨年公開の大ヒット映画「シン・ゴジラ」(午後21時)の視聴率が、15・2%(関東地区)だったことが13日、ビデオリサーチの調べでわかった。

現代日本にゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうかというテーマを、壮大なスケールで描いた庵野秀明監督作品。560万人を動員し、興行収入82・5億円をあげて昨年の実写邦画ランキング1位に輝き、日本アカデミー賞で最優秀作品賞など7部門を受賞した。地上波初放送となり、ツイッターではリアルタイム実況が白熱。関連ワードがトレンドワードを占拠するなど、SNSでも大きな盛り上がりを見せた。

ソースはこちらから

◆録画したので、これから見る。


8 Comments

  1. ホントがんばってたと思うよ、まあ他の例は知らんけど
    カットはもちろんCM入りのタイミングも…かなり好きな人が担当だったんかな
    なんかどこ見渡しても良くも悪くも公開当時に戻ったようで懐かしいw

  2. なんかミリオタとオタク要素で一部左翼が謎の発狂をしてたけど、この二つが合わさるのを嫌がるやつらがいるのだろうか?

    ISに殺された朝日の外注もやってたカメラマンが
    ミリオタだからって、右翼認定してISに個人情報ばらまいて殺し煽ってた左翼がいたな

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)