【剣道部も】汗とニオイ対策の最前線


 剣道着と袴は洗って干せば汗やニオイを取り除けるが、面、胴、小手といった防具には鹿革などが使用されているため、汗がしみても乾かすだけだった。そのため、汗の成分が取り除かれず、雑菌と化学変化を起こしニオイを発生しやすくなっていた。ところが、最近の十年で防具の手入れ法が大きく変わった。

「消臭剤が練り込まれた繊維を使ったり、小手専用の薄手手袋を発案するなど、メーカーも長年、工夫を重ねてきました。また、消臭技術がすすんだおかげで、スプレーや洗剤などを工夫して使っている人も多いようです。一番の変化は、防具をクリーニングできる、洗えるとわかったことでしょう。防具専門のクリーニング業者もありますし、利用する人も増えているそうです。そういう工夫を重ねてきたからか、最近は、大きな大会へ行っても、昔のようにニオイが気になることはなくなりました」(前出・安藤さん)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170604-00000005-pseven-life&p=1

◆俺が剣道やってた小学生の時にあればなー


11 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)