ひのでや参吉 先生の漫画「Splatoon(スプラトゥーン)」がローカライズされ、海外で発売


https://twitter.com/VIZMedia/status/855527824056356866

Splatoon manga series is getting localized
https://nintendowire.com/news/2017/04/21/splatoon-manga-series-getting-localized/

◆出版社のVIZ Mediaが2017年後半に出す予定らしいね。


19 Comments

    • 荒川弘のメインアシだったらしい
      これとかベイブレのやつ見て思ったけどコロコロ系は地味に絵がしっかりしてるのが多い気がする

      • ベイはサンデーが新連載を50だか55だか連発するってのをやってた時にトップバッターだった人だしな
        個人的にはベイのコミカライズはコロコロの作家さんにやって欲しかったけどw

  1. 海外だとあんまり日本みたいな漫画文化を聞かないんだが何故だろうか
    アメリカだとヒーロー漫画ばっかりで野球漫画とかを聞いた事がない

      • テレビドラマや小説ならまだしも、漫画の内容を予算が
        阿呆みたいにかかる映画でやるってリスクでかすぎないか?

        向こうの映画ってあまりのリスクのデカさに型にはまった
        物じゃないと作れないと聞いた
        それでも普通に面白い映画を連発している辺りに映画における
        お金の大切さ、アメリカの映画スタッフの技術力が良く分かる

      • いやちがうよ

        アメコミもわりとちかいところあるとおもうよ
        むしろアンソロジー系に近いといってもいい
        アメコミって超大御所の作品以外は、メインとアシじゃなくて
        作画担当が数人で微妙に絵柄かわってもきにしないで
        描いてるのがほとんど

        個人輸入で昔よくかってたけど、一緒にその中できにいった絵柄の担当者にファンレターおくったら、
        すごいよろこんでくれてサインをわざわざ送り返してくれたりする人もいたな

      • 揚げ足取りだが、巨人の星みたいにそのアメリカの
        老人たちが子供だった時代に野球漫画があっても
        おかしくないと思う

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください