【にじさんじ】勇気ちひろ、APEXで炎上する


『逃げろ』の所は、16分の戦闘の20分あたり。
切り抜きとか。
◆最初から、空気が重いような気がする。
これが、女性Vtuberの配信かと思ったもん。
信者がいて、アンチもいるでしょう。
しかし、APEXのゲームが好きなAPEキッズもいる印象。
ゲーム配信は、三者三様の様子を伺わせている。
勇気ちひろは、APEXが好きなようで最近はコレばっかりか?
他の動画も長時間やっている。
「逃げろ」は、きっかけかと思うが、その前から不穏な空気はあった。
「スルースキル」も心が荒んでると難しくなってくる。
全肯定信者コメもそんなに心に響かない。
これは、FPSや格闘ゲームの弊害かもしれない。
90年代のゲーセンよりマシだけど。
あと、勇気ちひろは、そこまでメンタル弱くないんじゃないかなぁ?
いくら好きでも、メンタル弱くて配信で10時間とか無理だ。
俺は、どっちかというと叩きよりも、ちん凸の方が嫌だ。
勇気ちひろファンは、1:46ぐらいから見よう。

13 Comments

  1. アンチが極端につきにくい配信者はいるっちゃいるから人柄だったり、
    後はグループで短所補い合って、場の空気を清潔にたもったりしてる3、4人組とかは
    成功例は多いな

    単独でかわいいキャラをつかっても、ゲーム配信だと
    プレイスタイルや視聴者層によって荒れるリスクはかなりあがるだろうね

    APEX自体は日本人のプレイヤー人口は世界的に見てもFPSなのにかなりいる方だしね
    ちょっとした売り言葉に買い言葉だったり、(いわれたほうが余計だと思う)アドバイスコメントへの対応とか失敗すると、場は荒れるね。

    信者を囲うほどの盤石な人気がなかったともいえるか
    その状態でAPEXがらみのお勧めででてきて、微妙な配信をしてたら批判も多くなるだろうしね。逆に、同じAPEXでプレイは下手くそでも視聴者数十人で仲良くやれてる配信とかもあるしね。

    そういう意味で人気のものに便乗するのはメリットもあるが、デメリットも大きい。

  2. まー珍凸は完全に犯罪だから粛々と社会的制裁と刑罰うけたほうがいいとおもうがね。
    本人の振舞いや人格からの炎上を、別件の珍凸でなかったことにするのはちがうとおもうが

    • アンチって「興味ねーけど関係ないとこに湧いてくる信者がうざいから嫌い」パターン以外は俯瞰で見ると大抵身内同士の潰し合いだよなあw

  3. そもそも絵と声のギャップ萌えってかなり無理あるわな
    アイドル声優が口がきたないともちがうし、そもそも、とってつけた仮初の容姿とのギャップでずっとやるって無理あるだろうw

  4. 金になると思ったのか、はちまじんとかの害悪ゲハブログがvtuber叩きに精を出してるのがマジで不快だわ

    • むしろVtuber側がまさにそっち側ジャン
      それこそ自称もしてる「ゴシップVtuber」とかがこの手の騒動にあることないこと油に火そそいで、ずっとどこかで燃えてる

    • ゲハ界隈で活動してた業者はこっちに鞍替えしてるような気がしないでもない
      switch1強になってからゲハでは儲からなくなったんだろうかね

  5. そもそも、SNSとかYOUTUBEとかVtuberか興味ない無い層にゲームのおすすめでだされて、
    それに対して苦言の一つも言いたくなる人がでるのは当たり前だと思う

    まーその迷惑なお勧めでVtuberというかYOUTUBERは売名と金稼ぎしてるのだからリスクとリターンの話

  6. YOUTUBEは最近はログイン情報の履歴とかcookieかってにみてだけじゃなくて、cookie削除してても、IPでもおすすめしぼってくるようになったけど、ゲームの公式動画みただけで、よくわからんVtuberがそれをやってる動画をお勧めされるのとか結構うざいな。
    だから、YOUTUBERの広告出させないアドオン+チャンネルごと候補にすら出さないアドオンをブラウザにいれるようになったけど

    そもそも、好感持てそうなVtuberがいないな

    • 自分は好きだけど人の好みはそれぞれだしね
      それはそうとアドオンなんていれなくてもデフォでチャンネルをお勧めに表示しない項目がある
      youtubeにログインしている必要があるけど

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください