ソニーが西電捷通の無線通信SEPを侵害、一審で敗訴していた


コメント欄で教えてもらいました。
柳沈法律事務所から

【要説】

●2017年3月22日、北京知財裁判所は、(2015)京知民初字第1194号「西電捷通無線ネットワーク通信株式会社(以下、IWNCOMM社と略称)が特許権侵害でソニーモバイルコミュニケーションズ(中国)株式会社(以下、ソニー中国と略称)を訴える案件」に対して、一審判決を下した
●ソニー中国がIWNCOMMのWAPIに係る標準必須特許を侵害したと認定し、侵害行為の差止めを命じた。また、「ライセンス料の3倍で賠償金額を確定」との原告の主張を支持し、賠償金額を860万元あまりと確定
●さらに、原告により主張された合理的な費用、総計47万元あまりも全額的に支持した。上記二項を合わせて総計910万元あまりとなる。この判決について、両方が控訴するかどうかについて、未だ明確になっていない。

事件の経緯:

2015年8月、IWNCOMMは、ソニー中国によって生産・販売される35ヶ機種の携帯電話製品が自分の第ZL02139508.X号特許(以下、関連特許と称する)を侵害するとの訴えで、北京知財裁判所に提訴した。侵害行為の差止めを求めると共に、経済損失及び合理的な費用、総計3336万元あまりの賠償金を請求した。

2015年7月23日に、ソニー中国は、関連特許について、特許復審委員会に、無効宣告請求を提出し、関連特許すべでのクレームが無効であると主張した。復審委員会は、2015年11月16日に口頭審理を行い、2016年2月17日に、関連特許が有効であるとの第28356号特許無効宣告審査決定を下した。
2016年2月25日に、北京知財裁判所が特許権侵害案件を公開審理した。IWNCOMMは、ソニー中国によって生産・販売されたL39h(XperiaZ1)、L50T(XperiaZ2)、XM50t(Xperia T2 Ultra)、S39h(Xperia C)などの35ヶ機種の携帯電話製品が関連特許のクレーム1、2、5、6の技術案を使用したと主張した。
 北京知財裁判所は、審理を経って、次のように認定した。 

① 被告の直接侵害行為が成立する。

② 被告の共同侵害行為が成立しないが、幇助侵害行為が成立する。
③ 「ランセンス費用の3倍で賠償金額を確定する」との原告の主張を支持する。

ソースはこちらから

◆このニュース、メディア等は記事にしていないのか?
見つからないな。


30 Comments

    • アンコンって何?と検索してたら安部叩きに使ってた言葉ね
      どう考えても民進党とかソニーの方がしてるよなぁ

  1. AmazonにゼルダbowやモンハンXXを数百円で出品してすぐに取り消すのを繰り返してる奴がいるんだが。なんだアレ。
    さっき600円で出品してたと思ったら、今度は300円で出品してるぞ。

  2. 「無添加、イカサマくさい」と書き込んだ人物の情報開示、認められず 無添くら寿司運営会社が敗訴
    大手すしチェーン「無添くら寿司」を運営する東証一部上場の飲食企業「くらコーポレーション」が、プロバイダー業者「ソニーネットワークコミュニケーションズ(ソネット)」を相手取り、インターネット掲示板上に「無添という表現はイカサマくさい」などと書き込んだ人物の情報開示を求めた訴訟の判決が12日、東京地裁であった。

    宮坂昌利裁判長は「書き込みは、くら社の社会的評価を低下させるものではなく、仮に低下させるとしても、書き込みには公益性があるため違法性はない」として、請求を棄却した。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)