米ITC、ソニーの特許侵害認定 富士フイルムと磁気テープ巡り

Pocket

米ITC、ソニーの特許侵害認定 富士フイルムと磁気テープ巡り

 富士フイルムは9日、ソニーによる磁気テープ関連の特許侵害を米国際貿易委員会(ITC)が認定したと発表した。ソニーは該当製品を米国に輸出したり、同国内で販売したりできなくなる。磁気テープを巡る両社の訴訟などは他にも残っており、最終決着まではまだ時間がかかりそうだ。

 ITCがこのほど、磁気テープ関連のソニーの特許侵害を認定した。米大統領が内容を確認する期間(60日)を経て、ソニーは該当製品の米国内への輸出や販売ができなくなる。ソニーは今回の決定の影響について「コメントできない」としている。

 富士フイルムは2016年5月、ITCに対して、ソニーの磁気テープに関する特許侵害を提起し、米国への輸入禁止や同国内での販売停止を求めていた。安価に大量のデータを保管できる磁気テープに関して、富士フイルムとソニーは日米で訴訟や調査請求を繰り広げている。

ソースはこちらから

◆長引きそうですな。
今更、カセットテープは無いと思うので
たぶん、サーバー系のやつかな?

Pocket

5 Comments

  1. DATはソニーしかないって感じ
    だけど、DLTやLTOは、
    国内メーカーなら富士フイルム
    って感じかなあ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)