【コインチェック】仮想通貨580億円流出 安全対策不十分

Pocket

コインチェック
仮想通貨580億円流出 安全対策不十分

 仮想通貨取引所大手「コインチェック」は26日、同社の取引所から580億円相当の仮想通貨が不正アクセスを受けて流出したと発表した。同社は、被害に遭った仮想通貨を外部のネットワークに接続した状態で管理。多額の仮想通貨は、不正アクセス対策のためネットを遮断した状態で保管するのが一般的で、同社の安全対策が不十分だった可能性が高い。金融庁は、同社の体制に問題がなかったかを含め実態把握を進める。

 同社によると、26日午前3時前から複数回、外部からの不正アクセスで仮想通貨「NEM(ネム)」が出金された。同社が異常を察知したのは8時間以上が過ぎた26日午前11時25分ごろで、すでに顧客から預かったネムのほぼ全額が引き出されていた。

 同社はビットコインなど取引高の大きい仮想通貨はネットから遮断して保管していたが、ネムは全額ネットに接続した状態で管理しており、不正アクセスの標的になった可能性がある。また、ネムの普及を進める国際団体が、取引の際に複数の電子署名が必要でより安全性が高いとされる技術の採用を呼び掛けていたが、やはり未対応だった。

 同社の和田晃一良(こういちろう)社長(27)は、26日深夜に開いた記者会見で「(ネット遮断での保管について)技術的な難しさや人材不足がある。開発には着手していたが、間に合わなかった」と釈明した。別の仮想通貨取引所の関係者は「ネットに接続した状態で放置していたのは、業者の落ち度と言わざるを得ない」と話した。

 同社はネムを含む全13の取り扱い仮想通貨と日本円の出金を26日に停止し、再開の見通しを示していない。27日には、ネム流出後も続けていたビットコインの決済サービスについても、一部機能を同日夕から停止すると告知した。【岡大介】

 【ことば】NEM(ネム)

 インターネット上で取引される仮想通貨の一つで、2015年3月に発行が始まった。名前は「New Economy Movement(新経済運動)」の略。17年1月ごろは1ネム=1円未満の価格で推移していたが、その後急騰し、18年1月には一時200円を超えた。仮想通貨情報サイト「コインマーケットキャップ」によると、27日午後6時15分時点の時価総額は約78億ドル(約8470億円)で、全仮想通貨の中で10位。

ソースはこちらから

◆某企業並みのザルさ。

Pocket

12 Comments

  1. 辛辣で草w
    何が酷いって多分社長や社員は結構な金持ってとんずらすんだよなこれ
    情強はこの会社が屑でいずれこうなるって以前から分かってたみたいだし
    情弱な俺にはこんな修羅の世界に打って出る度胸無いわ

    • 既にアメリカの若造の父つぁん坊やが似たようなことやったあとだしなー
      無防備にマスコミが宣伝してたおというよりは共犯ともいえそう

      なんとか翼とかあの界隈の自己啓発商材詐欺やってるハングレ集団を彷彿とさせる

  2. ビットコインとか名前聞いた時に買っておけばよかったって人は見るけど
    当たりの宝くじが分かってたら買うのにレベルの話でしかないわな

    • Xbox Game Passが日本でも始まったら、マストバイだけど
      手持ちのXbox Oneが調子悪いわけでもないし、いつでも手に入るなら、ちょっと買い控えてしまう

    • 何か同時期にネットクレーンゲームのCMもやってたし、マネージャーか事務所かわからんが、ちゃんと仕事マネージングしてやれよと思ったわ

      • 一昔前もやばめのネット広告とかにでてた大手事務所の芸能人とかいたけど
        その辺コンプライアンスとか言われてる時代なのにボロボロだな芸能界って

        まー今回の糞企業については、経済団体やらマスコミ全般がのっかってたのが臭すぎるけど

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)