【将棋】羽生棋聖、渡辺竜王を破り史上初「永世七冠」


羽生棋聖、渡辺竜王を破り史上初「永世七冠」

将棋界の最高位を争う第30期竜王戦(読売新聞社主催)、渡辺明竜王(33)と挑戦者・羽生善治棋聖(47)の七番勝負第5局は、4日から鹿児島県指宿市の指宿白水館で行われ、5日午後4時23分、羽生棋聖が87手で勝った。

 羽生は4勝1敗で15年ぶりに竜王を奪取。通算7期の獲得で「永世竜王」を名乗る資格を得るとともに、永世称号のある7タイトル全てで称号を獲得する「永世七冠」を史上初めて達成した。竜王の優勝賞金は4320万円。

 将棋界の「黄金カード」といわれる渡辺―羽生の竜王戦七番勝負は3回目。羽生は2008年と10年にも「永世七冠」をかけて渡辺と戦ったが、いずれも敗れた。10月に開幕した第30期七番勝負は第1、2局と羽生が連勝、第3局は敗れたが、第4局に終盤、絶妙の寄せで勝利し、奪取に王手をかけていた。

 第5局は角換わり腰掛け銀の戦型になり、序盤から羽生が積極的に仕掛けた。封じ手以降は緩急自在の指し回しで、激闘を制した。

ソースはこちらから

◆名人取られたと思ったら
永世竜王取って、永世7冠ですか。
凄いですな。
次は、タイトル100かな?


6 Comments

  1. ハブ「羽生が(名人戦で)やられたようだな」
    have「ヤツは永世七冠の中でもで最弱」
    羽生理恵「人間如きにやられるとは羽生の面汚しよ」

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)