【銀河英雄伝説】新テレビアニメが18年4月放送


 田中芳樹さんの人気小説「銀河英雄伝説」の新アニメプロジェクト「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」シリーズの第1シーズン「邂逅」が、テレビアニメとして2018年4月から放送されることが20日、明らかになった。第1シーズンは18年4~6月に全12話を放送し、第2シーズン「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱」は19年に全3章、全12話構成としてイベント上映する。また、宮野真守さんがラインハルト、鈴村健一さんがヤン・ウェンリー、梅原裕一郎さんがキルヒアイスをそれぞれ演じることも発表された。

 新アニメプロジェクトのPVも公開。ラインハルトとキルヒアイス、ヤンが登場するほか、宇宙空間での艦隊戦が描かれている。「銀河英雄伝説 」の朗読を行ってきた下山吉光さんがナレーションを担当する。

 20日、東京都内で開かれたイベントで発表された。イベントには、原作者の田中さん、新アニメを手がける多田俊介監督に加え、前作でラインハルトを演じた堀川りょうさん、キルヒアイス役の広中雅志さん、ユリアン役の佐々木望さんも出席した。

 堀川さんは「新しいキャストの皆さんには、ぜひ新たなラインハルト、キルヒアイス、ヤン・ウェンリーをどんどん開拓していっていただきたい」と背中を押した。新たにラインハルトを演じる宮野さんは「まさに伝説級の物語に参加できることを非常にうれしく思います。彼のカリスマ性が自分に出せるのか不安になることもあるんですけれど。自分にしかできないラインハルトを見つけて、必ず皆さんに楽しんでいただける作品をお届けしたいと思っています」と意気込みを語った。

 「銀河英雄伝説」は、銀河帝国の“常勝の天才”ラインハルトと自由惑星同盟の“不敗の魔術師”ヤン・ウェンリーの対決を中心に銀河の興亡を描いた作品。1988年からアニメ化され、本編110話、外伝52話、劇場版3作が製作された。新アニメはProduction I.Gが制作する。

続きはこちらから

◆戦闘シーンでクラシック音楽を使わないなら見たい。
オーベルシュタインと犬のキャストは知りたい。


6 Comments

  1. 原作が作者の実質デビュー作でその時点で何冊書かせてもらえるかわからなかったため
    1巻(初版は巻数表記なしで続くかどうかも未定でスタート)で同盟軍がほぼ壊滅、
    2巻でかけがえのない腹心が早々に死亡
    と序盤が駆け足になってしまい、
    作者自身も赤毛は本来なら5巻までは生きていなければならなかった
    とあとがきで書いたりしていたが、
    この際だからストーリーを改変して本来の構想に戻してみたらどうだろうかと思う。

    • 名作と言われた古典で余計な変更などしなくていいわ
      変更したから完成度が上がるとは限らないんだし

      その辺の話だとヤンは5巻で死んで、そこからはユリアンの成長を描くという話でもあったらしいな

  2. フジリュー版もフェザーンの存在が秘匿されている等の独自設定あるしなあ。
    せっかく新アニメ作るなら過去作をなぞっても意味がない。
    多少のアレンジならやってほしい。

    • 上のほうのはわざわざ初期設定まで戻して話を大幅に変えなくてもいいわという話でアレンジは歓迎よ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)