カプコン、RagnarLockerの攻撃を受け 顧客情報など36万件流出の恐れ


カプコンにサイバー攻撃 顧客情報など36万件流出の恐れ

 東証1部上場のゲーム大手、カプコンは16日、社内システムに第三者からサイバー攻撃を受け、顧客や取引先の個人情報など約36万件が流出した可能性があると発表した。同社は大阪府警に相談するとともに、セキュリティー会社とともに調査を進めている。

 流出の恐れがあるのは、家庭用ゲームの窓口に問い合わせた顧客情報13.4万件のほか、採用応募者情報12.5万件、株主情報4万件、退職者・家族情報2.8万件、北米カプコンストア会員情報1.4万件など。氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれていた。このほか、社員らの人事情報、取引先や営業・開発に関わる資料といった企業情報も流出した可能性がある。
 これとは別に、社員の個人情報など9件の流出を確認した。氏名や住所、パスポート情報が含まれる。ネット販売などの決済は外部委託しており、クレジットカード情報の流出はないとしている。

 同社によると、2日未明に不正アクセスを受け、メールやファイル管理などの社内システムに障害が発生。「RAGNAR LOCKER(ラグナ・ロッカー)」と名乗るサイバー犯罪集団が犯行声明を出し、金銭取引を持ち掛けてきた。カプコンは応じず、同集団は特定ソフトを用いないとアクセスできない「ダークウェブ」上に、カプコンのものとみられる情報を公開した。

 ラグナ・ロッカーは「ランサムウエア」(身代金要求型ウイルス)などを用いて企業や組織のネットワークに侵入し、データを勝手に暗号化。復旧させるための「身代金」を要求したり、盗んだデータを公開すると脅迫して金銭を要求したりする犯罪集団とされる。
 問い合わせはフリーダイヤル(0120)400161(ゲームユーザー問い合わせ窓口)、(0120)896680(総合問い合わせ窓口)まで。 
https://news.yahoo.co.jp/articles/5ceba2cd29cb9f182308cf0d18d69f6ac8318170

他
カプコン、最大35万件情報流出の可能性 “身代金要求”のサイバー攻撃被害
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2011/16/news124.html

不正アクセスによる情報流出に関するお詫び
http://www.capcom.co.jp/game/

◆記事に35万件と36万件があるが、大きいほうを採用した。
救いは、クレカ情報は流出していないところですか。

8 Comments

  1. 海外スタジオのデッドラインジング大失敗から、DMCとバイオとか
    主力は日本スタジオでつくるってなってから、狙われるっていうのは
    政治的(といっても反社)力も感じるね
    カナダあたりのその手の特区は中華系フランス系アメリカ系企業からんでるし

    4chan例の資料って、本物なら書いた人間や更新した人間が記載されてるはずだがそれがないのがちょっと違和感あるな
    さすがに直書きじゃなくてバージョン管理ソフトの痕跡くらいはのこるはずだいs

  2. 次々にハッカー(というよりはクラッカーだろう)がファイルを公開!っていうわりには、
    17日に1件、18日に2件しか犯罪者も公開してないのか・・・
    便乗のフェイクの方が件数多そうだな

  3. 最近中華ミルダムがそれなりの芸能人使い始めてるな

    ちょっと前までゲーマーに対しても、YOUTUBEへの転載とか制限してたのに、それも緩めて必死なようだが、そういうのに芸能人があっさりのってるのがなんともね
    実質ステマとかわらないお仕事の依頼からの配信も趣味の配信と区別つかないっていうね

  4. そういえばモンハンの映画のトレーラーを
    なぜかIGNは英語版でも日本語版でもなくて、
    Monster Hunter Movie – Official Chinese Trailer
    って中国強調してアップしてるな・・・

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください