精神疾患で退職した従業員を訴えた会社が敗訴して逆に慰謝料支払ったのは、「プロシード」


弁護士ドットコムから

【要説】

●過酷な労働のために「躁うつ病」を発症して退職したところ、会社から約1200万円の損害賠償を求める訴訟を起こされて精神的苦痛を受けたとして、IT企業で働いていた20代男性が、会社を相手取って、損害賠償を求めた裁判の判決が3月30日、横浜地裁であった
●横浜地裁は、会社側の請求をすべて棄却。男性に対して110万円を支払うよう命じた
●男性の代理人をつとめた嶋崎量弁護士によると、男性は2014年4月にIT企業「プロシード」(神奈川県)に入社。劣悪な職場環境のもとで、精神疾患(躁うつ病)を発症し、同年12月に退職
●ところが、男性は、会社から「ウソの病気で、会社を欺いて一方的に退社した」として、約1200万円の損害賠償を求める訴訟を起こされた。この提訴によって、症状が悪化するなど、精神的苦痛を受けたとして、反対に損害賠償を求めて提訴
●判決を受けて、男性は代理人を通じて「この判決で、裁判を提起した会社の法的責任を認めてくれて、本当に嬉しいです。この判決を契機に、不当訴訟を起こす会社、私のような苦しい思いをする方がいなくなれば、なお嬉しいです」とコメント
●男性の代理人をつとめた嶋崎弁護士のコメントは以下の通り。

「退職後の労働者への不当訴訟を理由に損害賠償請求が認容されたケースは数件しか先例もなく、画期的な判決だ。ブラック企業を返り討ちにした点に意義がある。

ソースはこちらから

◆この訴訟、会社名は出ていなかったと思うけど
弁護士ドットコムだと載ってますな。
「プロシード」だったんですな。知らなかった。


8 Comments

  1. ・プロシードという社名はありきたりなので他の会社と間違える可能性がある
    ・ブシロードと間違える可能性がある

    だから社名が広く公表されないって言われてたな

    • これ考えると民主党が台湾の新与党の名前完全にぱくったりとかって、
      何気に風評被害というか悪質だなw

  2. 似非人権屋とか最近処分されたCMうちまくってた某大手弁護士事務所みたいに
    SLAPPというか逆訴訟そのものだな
    被害者と加害者を入れ替えて加害者側が逃げようとする

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)