唐沢寿明さん「ストII」やり過ぎで妻・山口智子にゲーム捨てられる


元は、ザテレビジョン

【要説】

●「アナタだけが知っている唐沢さんの秘密を教えて」という質問で、お笑い芸人のHi-Hi・上田浩二郎から「イメージはないが、ゲームにハマっていたことがあるらしく、ずっとゲームをしていたら智子姉さん(山口智子)にゲームを捨てられていたらしいです」と、唐沢夫妻の噂話を暴露
●これに対し唐沢は「彼女がキムタク(木村拓哉)とロンバケをやっているときに彼が家に遊びにきて、家でご飯を食べようといっていたのに、ご飯を食べ始めても自分がゲームをやっていて、それにキレたと思う」とコメント
●続けて「いつもゲームセットを木の箱に入れていたのに、次の日、木の箱自体が無くなっていた」
●その際、唐沢は「これみよがしに探すと、ゲームやりたがっているなと思われたくないから、ごくごく自然に家の中を歩きながら木の箱を探した。でも、どこにも見当たらなくて、捨てられたなと思った」
●このゲームトークの流れで唐沢は、ゲームを真剣にプレイするあまり「ストリートファイターIIで昇龍拳を出しすぎて、親指がボキッと曲がっちゃいけない方向に曲がってしまった」と、衝撃的なエピソードも披露

ソースはこちらから

◆ゲームの為に別荘とかほしいですな。
ロンバケって、1996年なんですな。
やったゲームは、ストⅡXなんだろうか?


5 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)