Xbox One「Project Scorpio」のスペックが判明


  Project Scorpio Xbox One PS4 Pro
CPU Eight custom x86 cores clocked at 2.3GHz Eight custom Jaguar cores clocked at 1.75GHz Eight Jaguar cores clocked at 2.1GHz
GPU 40 customised compute units at 1172MHz 12 GCN compute units at 853MHz (Xbox One S: 914MHz) 36 improved GCN compute units at 911MHz
Memory 12GB GDDR5 8GB DDR3/32MB ESRAM 8GB GDDR5
Memory Bandwidth 326GB/s DDR3: 68GB/s, ESRAM at max 204GB/s (Xbox One S: 219GB/s) 218GB/s
Hard Drive 1TB 2.5-inch 500GB/1TB/2TB 2.5-inch 1TB 2.5-inch
Optical Drive 4K UHD Blu-ray Blu-ray (Xbox One S: 4K UHD) Blu-ray

ソースはこちらから

◆これは強力ですな。
でも、そろそろスペック戦争はお腹いっぱいだったりする。
Xbox One Sでも良いし。


33 Comments

  1. スペックに関してはグラフィック方面だけじゃなくてAIとかローディングとか目に見えにくい所でも役立つし向上させる意義はあると思うよ。
    AAAタイトルなんかはボウルに材料をドカドカ突っ込んでいくような感じで制作してるところも多いしそのおかげで早いサイクルでリリースできているという面もある。
    フォルツァホライゾン3がたった2日で4K解像度60fpsで動くようになった上に最適化してない状態でもGPUにだいぶ余裕があるとのことだし、進化することで製作効率が上がるのであればユーザーにとっても悪い話じゃないよ。
    開発競争があることで市場も活発になるしマンネリ化も防げる。

    • 今の家庭用TVに、60fpsでドットバイドットで表示させられるってのが
      今回の目標だし、まだどこのゲーム機も達成していないからね。

      ハイデフ再びって事じゃね?

  2. GPUは最新ゲームPCのミドル相当はあるな。
    でもCPUが低クロックなの気になる。ryzenじゃなくてジャガーのカスタマイズのまんま?
    だとしたらCPUが微妙なのは変わらんってことになるが

    • CPUに関してはDirectX 12をハードウェア側でサポートすることでレンダリング処理に掛かる負荷を半減してるみたいだね。
      メモリに関してもそうだけどネックになりそうな要素を代替案で潰そうと色々工夫してるみたいだよ。
      冷却機構も独自の液冷システム採用してるみたいで面白いハードだよ。

    • 原文見たけど互換性が理由でRyzenじゃないっぽいな。
      ってなると、今世代の据え置きって大幅なマイナーチェンジは今後もあんまないんじゃ?
      Switchでもあんま不足しなさそう。

    • まぁZenの予想はあったのはたしかだけど、なんだかんだでボトルネックはCPUよりGPUとメモリ回りだったからね。
      逆にこのスペックでCPUだけあげてもどんな処理をしたいのだろう?ってなりそうw
      PCのかわりではなくあくまでもゲームと動画くらいでCPUはそこまでつかわないだろうしな

      • 問題はクロックそのものじゃなくて、低クロックからおそらくryzenじゃないだろうなってこと。
        ryzenより前の世代のAMDのCPUって、クロックあたりの性能もくそ低いヘボCPU揃いなのよ。

      • 数値だけ見ると、そう見えるだろう、というのは分からないでもない
        ボトルネックを手直ししてるから、実効性能は体感的に変わると思う

        ただ、HDDの読み込みが遅い点は、メモリどうこうよりも
        USB接続の外付けでいいから、SSDを買ってきて繋いだ方がコストパフォーマンスは高い

  3. うちのクソPCがFH3のパッチ当てに失敗するようになってプレイ不可になったから
    60fpsいけるなら買い替えもアリだなあ

  4. 個人的にはPS4ふくめてネックだったメモリ回りの改善してるのはいいけど
    DDR5Xのうわさもあったが、DDR5のままだな
    まぁそこまでいくと現状マニアの域というかメーカーがそこまで最適化するともおもえないってのもあるしな

  5. Forzaの件とか見るとワクワク感はあるけどPS4 Pro同様なんか勇み足って感じを受ける
    いやマシンとしては欲しいけどこれを有効活用して存在感を出していくのは現状の箱ONEより更に努力とセンスが必要だろう
    ぶっちゃけSの方が売りやすい気がする…

  6. 高い性能重視よりも安い汎用型が売れるのが世の常。
    蠍は富裕層ガチゲーマー以外買わない。

      • その機能ってなにげにnvidiaの1080世代がやりはじめてるものだから
        割と新しい試みなんだよな
        それこそスクショとかとったらかなり綺麗にはみえる

      • 簡単にいうと豪華なアンチエイリアシングみたいなものだからね
        しかも、最近主流だった色々処理誤魔化して処理軽減するやつよりは
        緻密なものだからぱっと見でも違いは判る程度にはなる

  7. PS4Proの時はTombRaiderの「静止画」で
    「うひょーもうPC要らねえ!」とあちこちで盛り上がっていたのに
    キッチリ性能を見せつけた蠍にはみんな冷ややかやね。

    • 単にPS信者が頭おかしいだけだから。
      PS4も箱1も当時から性能低いって他のユーザーは言ってたのに、あの程度でハイエンドとか言ってた連中だもん。
      PS信者はほんとゲームPC触ったことあんのか?ってくらい頭悪い。

    • うーん…元より箱ONEでもForza Horizon2とかでグラフィック的な結果はキッチリ出してるし箱勢はハイエンドPCより自分の使ってるCS機の方が純粋に性能高いとか狂信的な発想は無いからなぁ
      数値的なマシンパワーっていうよりそれとは別の技術やセンス、アイディア部分に信頼感があるんだよね
      勿論グラフィック的な向上にも期待はするけどそれと合わせて専用タイトルや専用要素でワクワクさせて欲しい

      • あー冷ややかってのは市場のこといってるのか
        そりゃMSKKのせいだわ国内に関しては
        まぁMSもいろいろPC展開とあわせたせいでファーストタイトルおくれすぎってのもあるけどね

    • 皆ってのはだれをさしてるのだろう?
      ここでもかなり具体的な仕様ふくめて好意的なコメントをかいたつもりだが
      この記事元のソースはったのもおれだし

  8. 今回何が凄いてフレームレートど安定ってところだよな
    MSも「4Kはただ高ピクセルを表示するのではなく、fpsの一切の低下がないのが大事」と言ってるし、かなり検証したらしい
    フレームレートの安定が大事ってのは昔から一貫してるね

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)