蓮舫氏の追及VRで体験も党内に冷ややかな声


読売新聞から

【要説】

●4月末に行われる民間企業主催のイベントで、蓮舫氏の国会追及をバーチャルリアリティー(VR)で疑似体験できる「VR蓮舫」を出展
●ゴーグル型の専用端末に流れる映像で、蓮舫氏から「こんな所で遊んでいる暇があるのか!」などと厳しい追及を受ける仕組みで、「首相になった気分で代表の迫力を味わってもらう」(担当者)のが狙い
●ただ、党内からは「支持拡大に向けた捨て身の戦略なのだろうが、効果があるとは思えない」などと、冷ややかな声も上がっている

ソースはこちらから

◆R4さん、とうとうVRに進出か。
冷ややかな声って、党内でも冷静だな。
国籍が二重に見えるのだろう。


22 Comments

  1. もともとVRって面白そうなのに、すっかりPSVRだのギャラクシーだのこれだの、妙なイメージが付いてしまって凄い嫌な感じ

  2. どうせなら蓮舫に被らせて
    「お子さんのR4はどなたが購入したの?」
    「なんで村田さんは名字隠して蓮舫がフルネームのように見せるの?」
    「二重国籍でない証明はよ、疑われたやつが証明すんだろ?」
    の三本立てで動画作ったほうが人気出ると思うよ(提案)

  3. つかさ、仕分けとかあの辺ももうバレてる黒歴史が
    蓮舫にとっての一番だった瞬間で
    それをこれにも込めちゃってる時点で
    世論とはなれすぎてる
    とりあえず税金かえせ

  4. 攻勢いて有利というウソのプロパガンダなんだろうけど

    なんか蓮舫自身はガチで
    タレント時代に水着でちやほやされてた感覚でいまだに勘違いしてそう
    FPSにしろよって不満がでるぞw
    迫力どころかやりかえしたくなるだけ

  5. >蓮舫氏から「こんな所で遊んでいる暇があるのか!」などと厳しい追及を受ける
    この台詞そっくりそのまま蓮舫に跳ね返るだろ 民進党こそこんなことして遊んでる余裕あるのかと

  6. 「民進党と蓮舫の正体」というこれまでの反日活動を追ったノンフィクションのドキュメンタリー映画を作ったら絶対に売れると思う。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)