食べ物で窒息死の子、5年で103人 半数が0歳児


朝日新聞から

【要説】

●消費者庁、14歳以下の子どもが食べ物を気管に詰まらせ、窒息して死亡した事故が、2014年までの5年間で103人にのぼった
●0歳児が49人で全体の半数を占めており、同庁は15日に注意喚起
●同庁が、自治体が作成する「人口動態調査死亡票」をもとに、窒息死した子どもの死因を分析
●詰まらせた食べ物は、マシュマロやゼリー、団子など菓子類が11人と最多だった。ブドウやパンに加え、から揚げやナッツ、そうめんもあった
●不明は72人
●0歳を含め年齢別の原因については、「個人の特定につながる恐れがある」(同庁消費者安全課)として明らかにしなかった
●日本小児科学会などに寄せられた情報によると、2歳児が直径3センチ大のブドウを丸ごと食べた際、泡を吹いて意識を失った
●0歳児が離乳食を詰まらせ、一時意識不明になった事故もあった。3歳児が口を大きく開けたときの大きさは39ミリで、これより小さなものは乳幼児が詰まらせる恐れ
●豆やミニトマトなど丸くて表面がツルッとしたものは特に注意が必要

ソースはこちらから

◆5年で100人超えは多いですな。
こんにゃくゼリーに比べると、ちゃんと注意発起した?ってレベルだな。
麺類はちゃんと噛まないと、喉に詰まるのは経験済み。


2 Comments

  1. これって多いのだろうか?
    不注意な親がいる中では少なく感じるけど

    この前は何かの職業で5年で22人を然も多そうに報道してたけど
    普通のリーマンでもそれ以上しんでるだろうにっていうw

  2. 乳児の死亡率自体は、年に「1000人当たり2人」くらいだね
    基本的に(乳児だから出産時の死亡は含まず)病死か事故死だから決してこのデータは多くはないと思うけど
    一昔前(80年代)は5-6人くらいでそれから減ってはいるようだね
    人口的にはその1000倍以上いるわけで、さらに5年分とみるとその中の主要な死因としてはかなりすくないほうかと

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)