【訃報】「孤独のグルメ」の漫画家・谷口ジローさん69歳が亡くなる

Pocket

毎日新聞から

【要説】

●11日、漫画家の谷口ジロー(たにぐち・じろー、本名・谷口治郎=たにぐち・じろう)さんが死去
●「『坊っちゃん』の時代」や「孤独のグルメ」などの作品で知られる
●69歳。葬儀は家族のみで営む
●24歳の時、「嗄(か)れた部屋」でデビュー
●繊細な描線と墨を使わずに表現する独特な陰影が持ち味
●「『坊っちゃん』の時代」では、日本漫画家協会賞優秀賞や手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞
●久住昌之さん原作の「孤独のグルメ」は、テレビドラマにもなった
●2011年には仏芸術文化勲章「シュバリエ」を受章

ソースはこちらから

◆69歳は若いですな。
お悔やみ申し上げます。
「孤独のグルメ」はドラマはやったけど、
アニメはやらないのだろうか?
年齢層が高いから無理か?

Pocket

13 Comments

    • 80年代から、他の漫画家と組んで食事ネタやってたんだよな。
      夜汽車とかカッコイイすき焼きとか。

      四半世紀以上経って、ここに来てまさかの大ブレイク。

      • そもそも孤独のグルメ自体が1994~6年の漫画だしな
        ふたばの連中がコラ素材にしてコピペネタになってネットでブレイクって流れ

        • どちらかっていうと夢枕獏さん原作の漫画のほうが人気というか知名度は昔はあったくらいだな
          なんかストイック且つセリフすくなくても描ける漫画家だったとおもう

  1. 三巻はもう無しかな…ドラマももうすぐSEASONS6が始まるのに残念です
    ご冥福をお祈りいたします

  2. 神の犬とか登山漫画とかとにかく空気感というのを表現するのがすごい上手い人だったのに…残念だ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)