京都府宇治市のPR動画、観光アクションゲーム「宇治市〜宇治茶と源氏物語のまち〜」に期待と困惑


京都新聞から

【要説】

●筋骨隆々の平安貴族が敵を倒しながら進むテレビゲーム風のPR動画を京都府宇治市が作成し、3日に動画投稿サイトで公開
●子どものころからゲームに親しんでいる子育て世代をメインターゲットにした映像で、反響次第ではゲームとしての公開も検討する。一方、市議からは「思っていたのと違う」と嘆く声が出ている
● 「観光アクションゲーム」と銘打った動画は宇治市が謎の大魔王に襲われたというストーリーで、主人公の平安貴族が平等院や万福寺、宇治橋など名所を回って敵を打ち破りながら「宇治のカケラ」を集める内容
●精美なCGが全盛の時代に、あえて一昔前の粗い画像で仕上げており、今の30~40代がゲームに夢中になったころの雰囲気を醸し出す
●動画は5分55秒の本編のほか、プレーヤーが解説を加えるゲーム実況風の22分20秒の長編版もあり、制作費は計615万円
●この日の市議会総務常任委員会で初披露された。見終わった市議からは「宇治のええとこが全然伝わらない」「どうしてこれでいこうとなったか分からない」と反発や困惑の声が相次ぎ、「女性の視点では暴力的だ」との指摘も
●宇野哲弥副市長は「批判はあろうと思う」と述べた上で「一般的な動画ではなかなか見てもらえない。奇抜ではあるが、まずはこれで反響を探りたい」と理解を求めた
●動画は動画投稿サイト「ユーチューブ」の市公式チャンネル「City of Uji 宇治市ちはや茶んねる」のほか、市HPなどで視聴できる

ソースはこちらから

◆まだまだ、改善の余地はあるが、『ご当地ゲーム』は面白い試みだと思うんですよ。
ちょっと、ゲームスピードが速いかな?
とくに、『かんこうボランティア』のセリフのところですか。
何で、このおばちゃんは早口なんだ?
最後の最後まで、大活躍するし。


2 Comments

  1. 結構つくりこんでて企画はおもしろいけど、ローカル紙で炎上記事っぽくする宣伝は寒くて台無しで
    結果としてyoutubeでもローカルネタのままたいしてみられてもいないな

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)