【ルパン三世】モンキー・パンチさん死去 81歳

Pocket

「ルパン三世」モンキー・パンチさん死去 81歳 肺炎のため

「ルパン三世」で知られる漫画家のモンキー・パンチさんが、肺炎のため、4月11日に亡くなっていたことがわかった。

81歳だった。

モンキー・パンチさん、本名・加藤一彦さんは、1937年、北海道・浜中町生まれ。

1967年に、雑誌「漫画アクション」で「ルパン三世」の連載を開始し、その後、テレビアニメ、劇場映画などで人気を集めた。

故郷・浜中町への思い入れも深く、2012年には、地元観光協会などがアニメキャラクターのラッピングトレインを走らせた。

生前のモンキー・パンチさんは、「自然が大事ですから。自然をいつまでも守ってもらえるよう、ルパンにも協力してもらえればいいかなと」と話していた。

「ルパン三世」の町として、地域の活性化を進める浜中町の人たちは、突然の訃報を悲しんでいた。

モンキー・パンチさんの故郷・松本博浜中町長は、「浜中町に大きな力をお借りして、まちづくりを含めてやってきた。ショックであります」と話した。

https://www.fnn.jp/posts/00416295CX

◆お悔み申し上げます。
ルパンはアニメから入ったが、原作も好き。
カリオストロの城も何気に好き。
オイシイ所は銭形が持っていった感があるけど。

Pocket

2 Comments

  1. やはりアニメルパンの一作目が偉大。
    本放送時こそ打ち切りに終わったが再放送で人気に火がつき
    大人向けアニメが商売として成立することを証明して見せた功績ははかり知れない。
    あれがなかったらヤマトやガンダムの出現ももっと後になっていただろう。

    ご冥福をお祈りします。

  2. 先生が監督を務めたデッドオアアライブ流して欲しいなー、あの独特のハードボイルドな世界観が本当に素晴らしいのに。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)