水戸徳川家の家紋と似た商標 特許庁が登録取り消し決定


NHKから

【要説】

●水戸徳川家の家紋によく似た商標を、水戸市のイベント会社が登録した
●特許庁は、水戸徳川家15代当主が理事長を務める公益財団法人の異議申し立てを認め、商標登録の取り消しを決定
●水戸徳川家の家紋によく似た商標を登録したのは、伝統芸能の上演などを行う水戸市のイベント会社で、おととし、日本酒やお守りなどに使う目的で出願し認められました
●水戸徳川家15代当主が理事長を務める公益財団法人「徳川ミュージアム」が去年3月、特許庁に対して、登録の取り消しを求めて異議申し立て
●特許庁は水戸徳川家の家紋は著名なものであり、会社が登録した商標は、これと極めて類似し、混同されるおそれもあると結論
●会社がこの商標を使って独占して商品の販売などを行えば、公共の利益に反するとして、商標の登録を取り消すことを決定
●徳川ミュージアム「主張がほぼ認められてよかった」
●決定に不服があるときは、30日以内に知的財産高等裁判所に訴えを起こすことができ、イベント会社側は「対応については今後、検討したい」

ソースはこちらから

◆堂島ロールみたいにならなくて、良かったですな。


8 Comments

  1. 気が付けば自分たちが正統な流れとかいいだしそうだから
    アウトなものには粛々と対応すべし

  2. 家元兼社長の柳貴家勝蔵、ライオンズクラブにも名前を連ねている。
    ライオンズクラブは、青少年の育成、薬物防止目的の団体のはず。
    こんな輩が入っているとは、悲しい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)