【誕生秘話】「ピカチュウ」ネズミでなくリス参考

Pocket

「ピカチュウ」ネズミでなくリス参考…誕生秘話

 世界で人気のゲームソフト「ポケットモンスター」の主要キャラクター「ピカチュウ」が誕生した経緯を、1996年の発売当時の開発担当者が読売新聞の取材に対し、初めて明らかにした。

 ネズミではなくリスを参考にデザインしたという。ブランドを管理する「ポケモン」(東京)は、今月下旬をめどにこうした誕生秘話をホームページに掲載する。

 ピカチュウは、任天堂の携帯ゲーム機「ゲームボーイ」用のソフトで96年2月発売の第1作から登場した。

 ゲーム制作会社「ゲームフリーク」(東京)の杉森建取締役(52)や当時社員のイラストレーターにしだあつこさんら開発担当者によると、「かわいいモンスターを」と、にしださんがデザインを任された。具体的な注文は、「電気の技を使う『でんきタイプ』で2回進化するモンスターを作れ」ということだけだったという。

ソースはこちらから

◆確かに、ねずみは尻尾に毛が生えてないが
ピカチュウは生えてるように見える
個人的には、ハムスターっぽい。
しかし、「チュウ」ってどこからきたんだろう?

Pocket

5 Comments

  1. まあリスもネズミも齧歯類(ネズミ目)なのでセーフ。
    というか、リス科のマーモットって
    語源はラテン語で山のネズミ」ってとこからきれるらしいじゃん。
    (Wikipedia調べ)
    アレと同じノリよ、アレと。

  2. というか、書き込んだ後に思ったんだが、
    「長年コラッタの近縁種と考えられてきたが、
    むしろパチリスと近縁であることが
    近年の調査により判明した」
    なんて言ったらソレっぽくてかっこいいやん?

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)