NHKアニメ番組「ねこねこ日本史」第64話、デーモン閣下の肖像の無断使用”で謝罪

Pocket

第64話について

2018年2月28日にEテレにて放送された番組「ねこねこ日本史」第64話において、高杉晋作のキャラクターが、デーモン閣下を直接的に意識させる顔の模様及び扮装をして西洋諸国との条約締結交渉に臨み、大音量でロックを奏でて交渉をまとめるという表現がとられていました。本来であれば、同キャラクターに上記顔の模様及び扮装を施した上で登場させること及び演出方法について丁寧に相談等しながら進めるべきところ、これを欠いたことにより、デーモン閣下、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしました。
皆様に深くお詫び申し上げると共に、今後このようなことが無いよう、一層留意してまいります。

http://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=nekoneko

◆KISSならばれなかったかも?
しかし、肖像権侵害は簡単に起きるんですな。

Pocket

7 Comments

  1. 閣下はすごい昔、火の玉ボーイとかBBの作者のマンガで悪役デザインがまんま聖飢魔Ⅱだった時も詫び入れさせたから、ずっとスタンスは変わってないよ

  2. KISSと聖飢魔Ⅱは混同しなくても明らかにデーモン小暮だってなっていまったらそりゃアウトでしょ

    爆音でロック!とかいうゆるいのでつかわれるのもどうなんだろうね
    ぱくるならがっつりメタル調でパクれやっていう

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)