シティーハンター、29年ぶり劇場版アニメが2019年初春に公開


シティーハンター
29年ぶり劇場版アニメが2019年初春に公開 完全新作ストーリー

 1980~90年代に人気を集めた北条司さんのマンガ「シティーハンター」の新作劇場版アニメ「劇場版シティーハンター(仮)」が製作され、2019年初春に公開されることが19日、分かった。15年にコミックス新装版の発売を記念して新作アニメも制作されたが、劇場版アニメが公開されるのは、1990年以来、約29年ぶり。冴羽リョウ役の神谷明さん、槇村香役の伊倉一恵さんが再集結し、完全新作ストーリーとなる。

 テレビアニメ版などを手がけたこだま兼嗣さんが総監督を務め、サンライズが製作。「妖怪ウォッチ」などの加藤陽一さんが脚本を担当する。原作者の北条さんが描いたビジュアルも公開された。

 「シティーハンター」は、85年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が始まったマンガ。東京・新宿で、ボディーガードや探偵などを請け負う冴羽リョウの活躍が描かれた。87年にテレビアニメが放送されたほか、3作の劇場版アニメが製作された。原作の累計発行部数は5000万部以上。

続きはこちらから

◆ジャンプ黄金期ですな。
やっぱり、香は生きてるほうが良いですな。


11 Comments

  1. こだま監督と加藤陽一さんの組み合わせって言うとテイルズオブジアビスかぁ
    あれもゲームを上手く噛み砕いていて良かった

  2. シティハンターって実写化を一番繰り返してこけたつづけた漫画じゃないだろうか
    漫画自体はおもしろいのだが

    ドラマに映画にって何度されてるよね

  3. 劇場版だからもっこりも遠慮なく見せられるなw
    地上波だと無理だった(テレ東だとターちゃんが普通にもっこりしてたが)

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)