米海軍の攻撃型原子力潜水艦「コロラド」、「Xbox」のコントローラーを導入

Pocket

ゲーム機「Xbox」利用の米原子力潜水艦が就役 潜望鏡の操作「使いやすい」

 米海軍の攻撃型原子力潜水艦「コロラド」が17日、就役した。バージニア級の15番艦で、コスト削減の一環として操縦かんに代わって家庭用ゲーム機のコントローラーを攻撃型潜水艦として初めて採用した。

 スペンサー海軍長官は「驚異的な技術革新の成果」と強調、民間企業との連携により戦闘能力が向上する好例と評価している。

 バージニア級は高解像度のカメラを備えた潜望鏡を搭載。その操作には操縦かんを使っていたが、コロラドは米マイクロソフトのゲーム機「Xbox」のコントローラーを導入した。

 米海軍は、市販の民生品を利用することでコスト削減を図れるだけでなく、訓練も容易になると説明。ゲーム機の操作に慣れた若い乗組員らに使いやすいと評判のようだ。既存のバージニア級にも順次搭載される見通し。

 バージニア級は、多くが米国の州名にちなんで名付けられている。(共同)

ソースはこちらから

◆実際、使いやすそうだ。
あと、アメリカの潜水艦だから
日本製は使いたがらないのもあるだろう。

Pocket

4 Comments

  1. まぁシミュレーター系のスティックよりも可動域による幅の問題があるとはいえ
    そういうのはそれを使えばいいだけだしな
    全てにそこまでの性能が必要かっていうと違うだろうし
    逆にその技術の改良とかがゲーム機にかえってくるならいいことだ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)