【米調査会社IDC】スマホ市場、減速鮮明。17年は初の減少

Pocket

スマホ市場、減速鮮明=17年は初の減少-米調査会社

 【シリコンバレー時事】スマートフォン市場の減速が鮮明になっている。米調査会社IDCによると2017年の世界のスマホ出荷台数(暫定値)は、前年比0.1%減の14億7240万台となり、本格的に普及が始まってから初めて前年を割り込んだ。高機能・高価格化により買い替えサイクルが長期化していることが主因。中国で落ち込みが顕著だ。
 出荷台数は、初代iPhone(アイフォーン)が発売された07年に初めて1億台を突破。その後、2桁の伸び率が続き、13年に10億台を上回った。しかし、市場の成熟化に伴い16年は2.5%増にとどまっていた。
 17年のメーカー別シェアは、韓国サムスン電子が21.6%で首位。米アップルが14.7%で2位だった。3位以下は華為技術(ファーウェイ、10.4%)、OPPO(オッポ、7.6%)、小米科技(シャオミ、6.3%)と中国勢がシェアを伸ばした。(2018/02/10-10:35)

ソースはこちらから

◆ま、スマホとかの機械類は日進月歩だから
思いアプリを使用しない限り、今の機能で満足できるのでしょう。
で、買い替えが起こらないと減速すると。

Pocket

14 Comments

  1. わかりきってたことなのに
    バブルがずっと続くみたいな幻想をマスコミとか経済団体が煽ってきたんだよなぁ

  2. アプリにしたって細かいハードウェア側の機能にしたって
    メーカー側がオリジナリティよりもパクッて楽にもうけようとするほうにながれてるのだから
    限界を加速させるでしょうな

  3. ハード側は安くするためにはスペック上げたくないし
    ソフト側だって必要スペック下げたほうがユーザー層大きくなる
    そりゃ頭打ちにならないわけがない。PCといっしょじゃん

    • APUが大体一般的になった時点で技術的にもある程度の目途がたって
      ソフト側の遠慮気味の要求スペック自体は簡単に満たして買い替えの必要もなくなるしね
      いまだとPCゲーも、20年前くらいのハードウェアアクセラレーターすげー!みたいな時代の2世代先のGPUで初めて完璧な設定で動かせるPCゲーみたいなことはもう起きなくなって現行GPUでも性能あまってるから、そろそろデスクトップですらAPUでいいやみたいになりそう

    • アップルとソニーはやるだろうな。てか、実際やったし
      プログラムで以前の型(ナンバー)のバッテリー量、消費量を弄ってた

  4. 今技術的に一般化これからするとしたらSSDがHDD並みに大容量化してきて価格も大分やすくなってきてるくらいだな(1TBがもう3万円台でHDDの2,3倍といっても、性能は数十倍でちょっと前は値段10倍以上だったね)
    その辺で無理やり買い替え指すのは無理あるしなw

    でも、スマホで容量1TB!って情弱には利用目的は関係なくインパクトあるのかなCMの打ち方によっては

  5. OS変わるからサービスとかQRカード読み取りとか出来なくなるってんで、それならってスマホに変えただけのヒトも多いだろうしなぁ

  6. まぁ普及率から言ってもPCと同じ流れになるのは目に見えてた
    タブレットや2in1なんかで需要分散させて良く持ち堪えた方だよ
    コンシューマゲーム機への変換はSwitchがいきなり完成形を送り出してきたし

    あとは半導体関連の低価格化や安定供給してからの再度の爆発的なブレイクスルーを待つしかないな

  7. 最近はあんまり買い替えなくてもスペック的にも問題ない感じになってきたしね
    ユーザー的には良いことなんじゃないだろうか?

  8. わざわざOS重くして買い換えさせてもいずれ限界は来るわな
    最低限の機能があればいいって戦略で第三のOS打ち出して行ったら、対応アプリ次第ではそこそこ普及するかも知れない

  9. 色々高性能になったりストレージの容量増えたりとかしても
    もう今はある程度の性能さえあれば十分に思えるし
    まず求めるのは電池が長く持って欲しいってのと安くなって欲しいという2つ
    ゲームそれなりにやる俺でさえそう感じるんだからほとんどの人が性能に困ってないと思う

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)