米ゲーム開発会社ゼニマックス・メディア、フェイスブック傘下のオキュラスによるVRコード使用の差し止めを請求


ロイターから

【要説】

● 米ゲーム開発会社ゼニマックス・メディアは、フェイスブック(FB.O)傘下の仮想現実(VR)機器メーカー、オキュラスによる著作権侵害が既に裁判所に認められたコンピューターコードについて、米連邦地裁判事にオキュラスによる同コードの使用差し止めを命じるよう求めた
●今月1日、テキサス州ダラスの連邦地裁の陪審は、同コードの著作権侵害を巡りオキュラスなどに対し、ゼニマックスに5億ドルを支払うよう命じていた。
●ゼニマックスは23日、同地裁の判事に差し止めを求める申立書を提出
●差し止め命令が出された場合、オキュラスのVRヘッドセット「リフト」向けのゲームの数が制限される可能性
●オキュラスはすでに、ゲーム開発各社に対して同コードの使用を認めており、リフト向けゲームの多くに組み込まれている
●韓国のサムスン電子 がオキュラスとの提携を通じて開発したスマートフォン対応のVRヘッドセット「ギアVR」にも同コードは採用されている

ソースはこちらから

◆すでに、著作権侵害が裁判所に認められてるから、
覆すのは無理っぽいですな。
使用料5億ドルは高いですな。
VRだと、元が取れなそうだし。


5 Comments

  1. 今やってるソードアートオンライン映画もARが題材だしもうVRじゃなくてARの方が注目度高い気がする。
    ポケモンGOがヒットする前からこれからはVRよりむしろARだろって書き込みはちょこちょこ見たんだが業界人はVRに夢中で全然注目してなかったくさいんだよなぁ…

    • まあタイミングが悪かった
      あのタイミングでポケモンGo出されたらVRなんざ「過去の技術」扱いされてもしゃーない

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)