シャープ、初の家庭用8Kテレビ販売開始


シャープ 初の家庭用8Kテレビ販売開始

12月1日 11時37分

超高精細な映像が特徴の8Kの本放送の開始まで1年となった1日、シャープは他社に先駆けて8Kに対応した家庭用の液晶テレビの販売を始めました。

8Kは、画素数が今のハイビジョンの16倍、4Kの4倍と、超高精細な映像が特徴で、大阪・梅田の家電量販店では、70インチの8K液晶テレビが税込みで108万円の価格で販売されています。

今のハイビジョン放送や4Kの映像を、8Kの解像度に上げて見ることが可能で、来年12月1日からNHKのBSで始まる本放送を見るには、今後発売されるチューナーも別途必要です。シャープによりますと、予約販売では200台の目標に対して、30日までにおよそ150台の予約があったということです。

売り場を訪れた82歳の男性は「価格は安くはないが、4Kに比べてドットがきめ細かくて映像がきれいですね」と話していました。
一方、店頭には、国内のほかの家電メーカーの4Kの有機ELテレビも並び、65インチでは主に70万円台半ばから80万円台半ばの価格で販売されています。

ヨドバシカメラマルチメディア梅田のテレビ担当の礒谷幸昌さんは「来年12月から放送開始で注目度が高い。65インチの有機ELテレビに比べて価格は高いが、売り場で立ち止まって見る人が多くなっていて、今後の売り上げを期待したい」と話していました。

ソースはこちらから

◆もう、8kなんですな。
やっと4K買おうかって時に。


17 Comments

  1. 4Kの通常放送の開始って来年末からなのか。
    となると対応チューナー搭載モデルは何時出るんだよ、
    それがわからんうちは大型テレビなんぞとても買えん。

  2. 昔はとにかく最新の物が欲しかったが、最近は普及し始めてお手頃になってから買った方が楽って風になった

    • 諸説あって8K説ってのもよく聞く。
      以前から4Kは踊り場、8Kが本命とも言われていて、試験放送やら技術検証はほぼ同時に行われてる。
      確か任天堂もかなり早期に8K対応モデリング技術者の募集とかしていた覚えがある。

      実際比較して見ると4Kと8Kは2K(FHD)と4K以上に違う感じがした。NHK行けば多分地方でも見られる。

  3. いやHDで負けて4kで負けて8kに賭けるみたいな発想してるのがアレだし
    もう随分前から神風がきっと吹くはずみたいな思想になってる気がするw
    BDHDレコーダーで未だにウルトラHD対応してない国内の大手メーカーさんもいるしw

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)