ミニストップ、成人誌取り扱い中止へ


ミニストップ、成人誌取り扱い中止へ 「やめて」の声で

2017年11月21日12時08分

 イオングループのコンビニ「ミニストップ」(千葉市)は21日、成人向け雑誌の取り扱いをやめると発表した。12月1日から千葉市内の43店でとりやめ、来年1月1日から全国の約2200店に広げる。買った総菜を自宅で食べる「中食」市場の拡大などで、コンビニを訪れる女性が増えている。顧客に不快感を与えるケースがあるとして成人誌の取り扱いをやめることにした。

 ミニストップによると、成人誌について、来店した女性や家族連れから、「やめてほしい」「子どもに見えてしまう」などという声が寄せられ、今年5月ごろから取り扱いの中止を検討していた。雑誌の売り上げに占める成人誌の割合は5%程度。取り扱いをやめることで女性客らの集客アップを期待している。

 千葉市は今年2月、市内の一部のコンビニで、陳列棚の成人誌に不透明なフィルムを巻いて、表紙の一部を隠す取り組みを試験的に行う方針を発表した。しかし、作業負担の大きさや売り上げが減ることへの懸念を示すコンビニ側との協議は難航。千葉市はフィルムを巻く取り組みを断念する考えを21日に明らかにした。

 一方、コンビニ大手では成人誌の全面的な取り扱いの中止には慎重だ。ローソンは、全国に約1万3千店舗のうち約2500店ですでに成人誌を販売していない。成人誌を置くかどうかは加盟店オーナーの判断で、「雑誌のなかでも単価が高く、店舗の売り上げに貢献しているところも多い」(広報)という。

ソースはこちらから

◆まだ、5%もあるのかと思ったり。


9 Comments

  1. もうエロ本やエロ漫画雑誌をコンビニ店頭で堂々と買える漢はそうはいないからな。

    でも東京オリンピックの時に来日した外人が
    土産にコンビニでエロ漫画を買いまくりそうw

    • そもそも、ドイツとか普通にエグイエロ本おいてるぜ
      しかも街中の売店みたいなところでも

      なんかオリンピックガー海外では~みたいに言って規制してるわりに
      そういう事実に即してないのが違和感しかない

      動物愛護とかの殺処分ゼロもドイツでは~とか嘘ついてたけど、
      ドイツは普通に殺処分もやってるし、ペットショップがないってのも嘘で
      世界で一番デカいペットショップはドイツにあるうえに、
      嫌犬団体みたいなのが毒餌まいても勝訴しちゃったりしてる(敷地内だったらそっちの権利が優先されたようだ)
      あと愛犬家ともめて犬の肉食べるパーティとかやったり挑発的な奴らも普通にいる

  2. これも事実と報道の抜出で内容が変質してるね。
    元々、ミニストップ以外のコンビニはこれに乗っからなかった(が主題)
    千葉を地元にしてるミニストップと系列の上のイオンがなんかずれた行政にのっかっただけで、コンビニ全体の動きみたいにするにはかなり無理ある。
    そういう方向にもっていきたいのだろうけど、マスコミ含めて。

    そもそも、女性に不快感あたえるもなにも、
    ゾーニング出来てないのはエロ棚の外の女性誌だし、
    国際感覚とオリンピックをなんか強調して報道もしてたけど、
    イギリスなんて日本よりゾーニングできてなくて、ちょっと前も女性団体があばれてたぞw

  3. 要するにイオン(ミニストップ)が中国米騒動とかの文春撤去のときの味を占めて
    便乗してるだけじゃね?

    • たしかに女性誌とかゴシップ紙が
      S@X特集~がきもちいいみたいな気持ち悪い表紙で
      成人枠に行ってないほうが本来はゾーンニングとしては問題のようなw

  4. >取り扱いをやめることで女性客らの集客アップを期待している。

    エロ本の有無でコンビニ決めてる奴なんてほぼ0に等しいだろうに

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)