北米でニンテンドースイッチ用Huluアプリ発表


北米でニンテンドースイッチ用Huluアプリ発表。「アメリカでは」動画ストリーミングサービス一番乗り
日本ではすでにniconicoがあります

米任天堂はNintendo Switch向けの動画ストリーミングアプリHuluの配信を発表しました。配信スタートは現地時間の11月9日から、現在北米版eショップにてダウンロード可能です。

日本では今年7月に動画配信アプリ「niconico」が動画サービス一番乗りを果たしていましたが、北米ではHuluが「初のSwitch向け動画ストリーミングアプリ」となります。

今年3月のローンチ直後には動画ストリーミングサービスに対応していなかったNintendo Switch。しかし、米任天堂CEOの「レジーさん」こと Reggie Fils-Aime氏がWashington Postのインタビューにて「NetflixやHulu、Amazonなどと協議中です」として、遠からずの登場をほのめかしていました。

ただし「私たちは、これらを(他のゲームハードとの)差別化になるとは考えていません」という保留付き。「あくまでNintendo Switchで遊べるゲーム、それこそが差別化です」と述べており、非ゲームアプリは優先順位が低かったと推察されます。

さらに今年9月にはNetflixアプリが「配信されるのを待つばかり」(locked and loaded)との噂も流れましたが、一足先にHuluアプリが登場したという流れです。

日本版Huluは14年に日本テレビ放送網の100%子会社であるHJホールディングスが事業を取得し、今年5月の大型リニューアル後は日本独自のシステムへと移行済み。そのため「北米でリリースされたから日本でも」とはならないと思われます。

とはいえ、家では大画面テレビに接続でき、携帯もできるNintendo Switchは動画鑑賞にはうってつけのデバイス。動画をWi-Fiでダウンロードして外に「持ち出し」を見越して、大容量のmicroSDカードを用意しておくのもいいかもしれません。

ソースはこちらから

◆USBで記憶ってできないのかな?
microSDカードは外で使う以外にメリット無いでしょ?


6 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)