イギリスでネット広告が“大炎上”。ソニーなどが差別団体等の動画に広告で


産経新聞社のzakzakから

【要説】

●〈ソニーは“反ユダヤ主義”を訴える人種差別系動画に広告掲載〉
●日本企業も巻き込む形で、英国で今、ネット広告が“大炎上”している。
●2月9日、英紙タイムズが始めたキャンペーン記事だ。冒頭の日本企業以外にも独自動車大手メルセデス・ベンツや米娯楽大手ウォルト・ディズニーなどのネット広告が、ネオナチなどの極右団体やイスラム国(IS)支援団体の動画、レイプや子供への性的虐待を窺わせる掲示板内に掲載されていることを問題視した記事
●衝撃的な報道内容に英国議会も調査に乗り出すなど、国を揺るがす大問題へと発展しつつある
●「英国ではテロ組織の関連団体などに資金提供するのは違法行為に当たります。捜査対象になる可能性があるばかりか、“反社会的組織のスポンサー”とのレッテルを貼られれば企業のブランドイメージは地に堕ち、不買運動に発展しかねない
●本誌取材に、ソニーは「(指摘された広告については)すぐに削除依頼を行ない、現在は表示されなくなっているとの認識です」(広報・CSR部)

ソースはこちらから

◆たぶん、ソニーはとばっちりじゃないか?
PSPあたりの広告で前科があったとしても。


9 Comments

  1. こういうのどうなんだろうね
    委託してる所が単価高い所に掲載しただけかもしれんし
    マーケティングFUDサイトとズブズブだから基準が腐ってるのは確かだろうけど

    • たまたまソニーが巻き込まれただけで
      Web広告を依頼する企業だったら、どこだって巻き込まれる可能性があるからな

      ソニーが安かろう悪かろうな広告業者を選んだから、という可能性もあるけど

      • 俺たちはソニーが嫌いな訳じゃないよ
        SIE(旧SCE)が嫌いなだけ
        ソニーとはポケモンサントラ等で世話になってるからな

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)