任天堂がスイッチ販売計画を1400万台に上方修正


任天堂がスイッチ販売計画を1400万台に上方修正、従来1000万台

[大阪 30日 ロイター] – 任天堂(7974.T)は30日、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の2018年3月期の販売計画を1400万台に上方修正した。従来は1000万台だった。4─9月期は489万台を販売。3月3日の発売からは累計763万台を販売しており、現在も品薄状態が続いている。

4─9月期のスイッチのソフト販売は2202万本だった。7月に発売した『スプラトゥーン2』が好調だったほか、『マリオカート8 デラックス』も引き続き堅調に推移した。これに伴い、年間計画を3500万本から5000万本に上方修正した。

ソースはこちらから

◆他

任天堂、今期業績を大幅に上方修正 経常益2倍に
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1710/30/news087.html

抜粋

 任天堂は10月30日、2018年3月期通期の連結業績を大幅に上方修正し、経常利益は前回予想の600億円から1250億円と、2倍超になる見通しだと発表した。前期実績(503億円)から2.5倍の増益になる。新型ゲーム機「Nintendo Switch」などが好調なため。

◆好調のようでなによりですな。
もう少し、スイッチの日本出荷を増やしてくれ。


33 Comments

  1. 会社の上司が、まだ手に入らないって嘆いていた。
    予約も瞬殺っぽいし、安定して購入できるのは来年以降かなぁ。

  2. 年明けると最初に手に取りたくなるタイプのソフト販売がひと段落して2本目以降に買われるタイプのソフトの販売が中心になるからその辺なら増産による供給が増えたのも併せて品薄が落ち着くと予想

    問題は最初に手に取りたくなるソフトが軒並みロングセラー品なのでどのくらい需要が残るかが読みにくいのと上方修正分含めたうち3~9月で半分以上売ってることかな

  3. 1000万から上方修正しないんで実際は売れていないで品薄煽っているだけ
    って騒いでたやつらはこれで大人しくなる…わけねーわな

  4. 国内は一周年というか年度末で300万台が射程に入ったね。
    250万までは予想してたけど年300万台ペースになる程に勢いつくとは思わなかった。

    • マリオデ前はたまーに店頭在庫が若干あるのを見もしたんだけど、しばらく厳しいかもしれないね…
      入手できることを祈ってるよ

  5. 出荷数が週数先代程度のPSVR
    PS信者「売れすぎ!」「健全な品薄!」

    その数倍の出荷数と販売数のSwitch
    PS信者「売れてない!」「汚い品薄商法!」


    なにこれ

    • どこを目安に回復なのか。何のための年間目標なのか
      常に最高利益、株価を起点にされたら、どこの企業も業績悪い事になるわな

    • アーノルドシュワルツェネッガー「上方修正で増産したんならクリスマス前に買えばヘーキヘーキ」

      • パパさんゼノブレイド2需要とか
        マリオデじわ売れってレベルじゃないのが今年はつづくよ・・・

    • それ言うと、任天堂もソニーも2009年頃の株価まで回復してるからなぁ
      株って、本当、意味不明だ

        • たくさんの首切りと事業売却がやっと実を結んだのか
          20年ぶりの最高益更新とかで話題になっとるね
          ただまぁ、あのソニーのことなので……

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)