アニメ「バジリスク ~桜花忍法帖~」、18年1月放送開始


山田風太郎氏が1958年に上梓した忍者時代小説「甲賀忍法帖」を原作に、せがまわまさき氏が描く漫画「バジリスク ~甲賀忍法帖~」(講談社刊)の新章「バジリスク ~桜花忍法帖~」のテレビアニメ版が、2018年1月から放送をスタートすることが決定した。あわせて、第1弾キービジュアルと、キャストやスタッフの顔ぶれが発表されている。

単行本全5巻の売上累計が170万部を超え、05年にGONZOによりテレビアニメ化された前作「甲賀忍法帖」では、徳川家第3代将軍を決めるため、憎み合う甲賀と伊賀の精鋭忍者たちが、超人的な忍術を駆使して10対10の殺りく合戦を繰り広げた。新章「桜花忍法帖」では、16年に上下巻が刊行された山田正紀氏による小説(講談社刊)を原作に、前作から10年後の寛永3年を舞台とした新たな物語が展開される。「ヤングマガジン」(講談社刊)では、シヒラ竜也氏が漫画を担当するコミカライズ版が連載中だ。

キャストは、主人公の甲賀八郎役に「うしおととら」「甲鉄城のカバネリ」の畠中祐、伊賀響役に「Re:ゼロから始める異世界生活」「キラキラ☆プリキュアアラモード」の水瀬いのりを起用。そのほか、草薙一馬役で桐本拓哉、緋文字火送役で山口りゅう、七斗鯨飲役でチョー、遊佐天信役で藤翔平、諸行枯葉役でさかき孝輔、蔦法悦役で茶風林、色衰逸馬役で村井雄治、水蓮秋月役で櫻井トオルの出演も決定している。

スタッフは、監督として「ViVid Strike!」を手がけた西村純二が登板し、シリーズ構成を「閃光のナイトレイド」の大西信介、キャラクターデザインと総作画監督を「曇天に笑う」の牧孝雄、アニメーション制作を「魔法少女リリカルなのは」シリーズのセブン・アークス・ピクチャーズが担当する。

さらに「甲賀忍法帖」に引き続き、オープニング主題歌を和風ヘビーメタルバンドの「陰陽座」が、エンディング主題歌を、前作ヒロイン・朧を演じた水樹奈々が担当することも発表されている。

ソースはこちらから

◆相当、パチが良かったのか?
OPの陰陽座は良いんだけど、歌詞にネタバレが…。


2 Comments

  1. パチもギャンブルとして他の公営ギャンブルくらい課税されたら儲け半分未満になって
    デカい顔もできないのだろうけどねぇ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)