“サトシ”松本梨香さん、ポケモン映画20周年に号泣


【要説】

●ポケモン映画20周年記念作品『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』の初日舞台あいさつが15日、都内で行われ、サトシ役の声優・松本梨香が出席
●元気に会場を盛り上げた松本だったが、歌手の林明日香がエンディングテーマ曲「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」を歌唱すると、思わず号泣
●「この歌を聴いて、20年間のいろんなことを走馬灯のように思い出した」としみじみ語った。
●今回の作品は、いまやすっかり最高のパートナーとなったサトシとピカチュウの「出会い」と「約束」の物語。

ソースはこちらから

◆初期は、サトシとピカチュウは仲が悪かったからな。
そういう事じゃなくて?


13 Comments

  1. ずっと昔に地元の雪まつりに出演してめざせポケモンマスター歌ってたの見たことあるわ
    サビ以外口パクという不思議なライブだったw

  2. >そういう事じゃなくて?
    ソニーIPじゃなくて本当に良かったって言う喜びの涙だよ
    あちらの同時期ソフトは今や化石となっているからね

  3. ポケモンがゲームもアニメも一発屋で終わらなかった理由は
    もっとエンタメ業界全体がきちんと研究してもいい
    版権をどうやって管理するかとかメディア展開の仕方とか
    初期の時点でちゃんと方針決めてやってきたからこその今

  4. 逆にその見本があるのに、その分を軽視して消滅していったIPだらけなんだよなぁ
    まぁわかっててできるものでもないわけだがw

  5. ピカチュウと仲悪かった時期って第1話限りなんだけどね。
    むしろリザードン(正確にはリザードに進化してから)の方が長かったけど。

  6. タイプワイルドとか最初の頃は熱血ボーイって感じで元気良い声量で良かったけど
    寄る年波には勝てませんなぁー

  7. いつも思うんだが、何でスマブラにサトシが出てこないんだ?
    彼ほどポケモンで重要なキャラはいないのに

  8. 家族と映画見に行って来た
    古参がタケシとカスミが云々とやかましいが、映画自体は実に真っ当な作品
    ここ数年の中では上位に位置する名作だったと思う

    TV版北斗の拳と、劇場版北斗の拳の関係のような映画だったw

  9. 劇場版のサトシが他の地方で冒険する話も見てみたいが、そうなるとアローラの面子が先送りになるジレンマ
    単発で終わらすにはちと惜しいんだよなぁ

  10. ポケモン始まったばかりの頃に、なぜか出演もしてない仮面ライダー龍騎のOP主題歌も歌手としてやったりとか、いろいろ模索してた時期の苦労も重なったんだと思うよ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)