「友達多さアピール」でSNS写真にスタッフ要請依頼の便利屋急上昇


時事通信から

【要説】

●「便利屋」で、若者の依頼が増えている
●「結婚式代理出席」などユニークな代行サービスを提供する「ファミリーロマンス」(東京都新宿区)によると、20代からの依頼は会社設立の2009年は16件だったが、16年には489件
●自分の結婚式に親戚や友人として出席を求める依頼が201件と最多で、うち女性は約6割
●「式に出席する友達が少ない」と男女計十数人の派遣を要請した20代前半の女性会社員も。平均派遣人数は6人前後
●SNSに掲載する写真の撮影を目的とした依頼も数年前から目立つといい、「両親や友達に、友人が少ないと思われたくない人が増えている」
●20代後半の女性会社員は、SNSに掲載するため、自分の誕生日を祝う写真に一緒に写る女性スタッフを要請
●別の20代女性会社員は、女子会を開きSNSにアップするためスタッフ3人を依頼
●顧客が1回で支払う料金は6000~10万円
●女性のみのスタッフによる便利屋「クライアントパートナーズ」(同)代表取締役安倍真紀さん(41)「こうした依頼は減ってほしいのが本音。格好悪い所をさらけ出せない傾向が強まっているのでは」

ソースはこちらから

◆気持ちはわかる。
わかるが、SNSで画像ってことは、
見る人は、ほとんど赤の他人ってことで
本末転倒じゃないのか?
見栄だけ?
結婚式にしても、他人が興味あるのは
どこそこに行って綺麗な風景写真とか、どんな料理が出たとかじゃないのか?
世知辛い世の中ですな。


9 Comments

  1. ネット弁慶拗らせるとこんな依頼するようになるのか
    結婚式に関してはネットじゃなくただの見栄だけど

    • 今の女達はインスタがステータスだからなぁ
      インスタにオサレな写真とかあげていいねとフォロワー稼ぐことが優越感に繋がる

    • そそ、友達なんて偶にふらっと飲みに行って、
      腹割って話せるのが一人二人の範囲だよ。

      パーティ開くような大勢と結べる関係はせいぜい知り合いどまり。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)