【ウイイレ】コナミ、肖像権問題でマラドーナと和解


ITmediaから

【要説】

●肖像権を巡る問題で対立していたコナミデジタルエンタテインメントと、元サッカー選手のディエゴ・マラドーナ氏が和解
●今後もゲーム内のキャラクターとして起用していく
●ゲーム開発・販売のコナミデジタルエンタテインメントは6月7日、元サッカー選手のディエゴ・マラドーナ氏と2020年までのライセンス契約を締結したと発表
●両者は3月末から肖像権の使用を巡り対立していたが、和解に至ったとみられる

ソースはこちらから

◆よかったですな。
和解したんですな。
相当、吹っかけられたか?


2 Comments

  1. ウイイレは昔からエディット素材と称して、写真から取り込んだ選手の顔を延々と残してたからね
    引退してる名選手とか収録されてないリーグの選手の顔なんかが当たり前のようにあった

    キングカズを代表に入れるぜ!とか出来るからユーザーフレンドリーと取れなくもないけど、その割にはライセンスちゃんと取らず、架空選手・リーグ・チームだらけというお粗末さが目立った

    それでいてコナミは特許ゴロみたいなことしてたから、いやお前どんだけセコイねんと長年思ってたわ…

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)