【5年前から正社員を減らしたランキング】1位パナソニック 2位ソニー


東洋経済データ事業局DB2部から

抜粋

東洋経済オンラインは、過去5年で正社員を大きく減らした上場企業を独自に調査。上位300社をランキングした。昨年も同種のランキングを掲載したが、最新版となる。

ランキングは有価証券報告書(2015年12月期~2016年11月期)に記載されている「従業員数」を正社員数と見なし、2010年12月期~2011年11月期の人数を比較して減少数の多い順に並べた。従業員数は連結ベースと単独ベースの数字が開示されているが、今回は連結ベースの人数で比較を行った。単体ベースの数字で比較すると、この5年間にホールディングス化を行うなどのテクニカルな影響が大きくなってしまうためだ。5年前比の正社員増加率や非正社員数も併載した。

1位パナソニックは11万7000人の減少

目立つのは電機大手だ。2016年11月までの有価証券報告書の注記からランキングは作成しているので、現在も人員削減を進めている企業ではさらに正社員数が減っている可能性がある。5年で1000人以上の正社員を削減した会社は81社だった。ニッポン電機の低落を映す結果となった。

1位のパナソニックは11万7417人の大幅な削減となっている。同社の事業規模は縮小傾向にあり、売上高で比べると8兆6926億円から7兆5537億円へ1兆円余り減少。連結子会社数も633社から474社まで減少した。グループのスリム化を進めた結果の大幅な人数減といえる。ただ、こうしたスリム化の甲斐もあり純利益が740億円から1932億円となり収益性には改善がみられる。

2位のソニーは4万2000人の減少となった。最も多くの正社員を抱えるエレクトロニクス分野の従業員数を減らした結果、全体でも大きな減少となった。映画や音楽、金融事業に関わる従業員数は横ばいかやや増加するなど、事業分野によって傾向が分かれているのが特徴だ。

ソースはこちらから

◆家電・電気が多い印象。
2位ソニー
68位にコナミホールディングス


18 Comments

  1. ファミ通のアホコメント欄でソニーグループと任天堂比べて負けてる!ってやってたアホゴキがいたけど、
    こういうのはみえないふりなんだろうな

    つか、小泉の派遣ごり押し経団連無双の暴走よりまえから
    ソニーって契約社員だらけだったからね
    そこからさらにってのが注目ポイント

  2. 家電業界の衰退は色んな要因があるけど
    突き詰めていくと、技術が他国に流出したことが大きいな

    • 経済団体のトップとかがそれやりたがるからね

      それこそ一昔前の家電技術流出前は、
      技術だけじゃなくて造船業とかなぜか日本がお隣に一から日本よりいい設備作ってあげて技術も一からおしえてあげたんだぜ・・・
      日本の同業者つぶしにいくとかマジキチ
      元々造船業自体ピークはすぎてたのと、設備ありきで技術は他国においついてなかった韓国が勝手に自滅しても、今お荷物産業になってるようだが
      日本の同業者いい迷惑だわ

  3. 逆の増やしたランキングも公開されてるな
    1~5位イオン、住友電気工業、伊藤忠、ソフトバンク、トヨタ
    と言いつつトヨタは子会社もランクインしまくっているので実質1位
    電機大手でも三菱電機17位、ダイキン20位とかあったりする

  4. 取り敢えず国産PCやスマホは大量の余計なプリインストールアプリを無くして、値段をスペックに見合ったものにするところから始めてくれ

  5. 特許侵害で訴えたはずが逆に訴えた側から訴えられて、
    アメリカで自社製品をドカンと販売停止されそうって状況は、正社員をさらに大きく減らしそうな事態じゃないですかね

    さらに言えば、特許侵害品目の中に具体名は書いてないけど、ゲーム機って書いてあるしE3大丈夫なんですかねあの会社

  6. ルネサス・日立・NEC・富士通・東芝
    半導体大手は軒並みランクインしてるな
    半導体業界ヤバすぎるだろ…

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)