ワイドナショー、「宮崎駿監督の引退宣言集」のデマツイートをそのまま載せる


リテラから

【要説】

●しかし、問題なのはその代わりに取り上げられた宮崎駿監督のニュースだった。視聴者から「映画監督の宮崎駿さんが引退を撤回して再び映画の制作を始めるというニュースを見ました。皆さんはどう思いますか? 誰のために、いつまで続けるべきだと思いますか?」という質問が寄せられたときのこと。まず、アナウンサーから宮崎監督の引退とその撤回の流れについて紹介された。
●もそも、宮崎監督は、2013年の『風立ちぬ』の公開後、長編に関しては引退すると発表し、会見まで開いた。しかし、今月、宮崎監督はスタジオジブリの公式サイトで引退撤回を決断し、長編アニメーションの制作を決めたことを報告。それを受けてMCの東野幸治が「失礼ですけど、これちょっとおもしろいですよ」と言いながら紹介したのが、用意されていた「宮崎駿引退宣言集」と書かれたフリップだった。
●アナウンサーが「これまでね、11の作品を監督してきてるんですが、そのうち7回、引退宣言をしている」と紹介すると、松本も「不死鳥やな」と笑いながらツッコミ。そのフリップに書かれていたのが、以下の内容だった。

〈1986年 天空の城ラピュタ 「人生で最高に引退したい気分」
1992年 紅の豚 「アニメはもうおしまい」
1997年 もののけ姫 「100年に1度の決意。これを最後に引退」
2001年 千と千尋の神隠し 「引退してシニアジブリを立ち上げる」
2004年 ハウルの動く城 「ここ数年で最高の辞めどき」
2008年 崖の上のポニョ 「体力的にも本作が最後の長編になるだろう」
2013年 風立ちぬ 「出来は上々で申し分の無い引退のチャンス」〉

 これに加え、2013年の引退会見で口にした「何度もこれまでにやめると言って騒ぎを起こしてきた人間ですが今回は本気です」「次の作品も考えると5年じゃ済まない、6年か、7年か。僕の長編アニメーションの時代はもう終わったんだ…」というセリフを紹介した。

ソースはこちらから

◆詳しくはここ
宮崎駿さんの引退に関する『2013年のネタツイート』が、テレビで宮崎駿さん本人の発言のように使われる
https://togetter.com/li/1114814

◆マスコミ、結構いいかげんだな。
裏取らないんだ。
俺の知ってる、引退が囁かれたのは「もののけ姫」からだな。
その前は覚えていない。


17 Comments

    • 動物のお医者さんの、漆原教授「犬の血じゃないか」「なんで気づかないの」というシーンを思い出した

  1. 本当に裏とってないよね
    最低3つ箇所は裏とれって完全に死んでる
    何がジャーナリズムだよ^^;

    朝日にしてもあのエロ親父の怪しい書類だけだったわけだしねw

  2. 元ツイートはあくまでもネタと明示されたものだから「デマツイートをそのまま」というのはちょっと引っかかるかなあ…。
    とはいえテレビ局がネタツイートと気付かずデマを拡散したのは事実…。

    • 任天堂ファンサイトの中ではかなりの古参(64時代から)だからねぇ
      他のところがステマ業者に買収されたり乗っ取られたり精神的に追い込まれたりする中で
      ずっと続けてきたって点だけでも任天堂とか抜きで尊敬する

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)